Return to site

入社前後のイメージのズレ

「就職」は「マカロン」のよう

初めてマカロンを食べた瞬間のこと、覚えていますか。

ぼくは覚えていますよ。

甘い香りに胸を高ぶらせ、がぶっと。

その後、ぼくは目をかっぴらきました。

ねちょっと、してるんですよ、マカロン。ねちょっと。

そして、甘ったるさが口の中で暴れだす。

見た目の上品さとは違って、ただの砂糖の塊かと。

ぼくは、絶望しました。

サクッとした食感をイメージしていたんですね、ぼく。サクッ。

今、あの時の食感がよみがえっています。

「就職」もマカロンのよう。

入社する前は、高らかと大きな理想を言ったりしますよね。

なんか、まいにちのように面接で言っていると、本当にできる気がしてくるんですよね。ふっしぎー!

けど、入社してみると前ほど自信を持って理想を言えなくなってしまいます。

ゲンジツが見えてくるんですね。

自分自身の今の力とか、会社や社会の状況とか。

あとは、思ったよりも社会は複雑だなぁ、とか、

思ったよりも大人たちは何も考えてないなぁ、けど、説得するのは難しいなぁ、とか。

いろいろんなことを思います。

そんなことを思いながら、入社して2カ月くらいの私は、目の前のお仕事にいっぱいいっぱい。

20時くらいに家に帰って、ご飯を食べて。

21時くらいにはぐーすか寝てたりします。

数か月前だったら日が変わる前に寝るって考えられなかったなぁ…。

だから、前ほど自信を持って理想を言えません。

けど、そのぶん、理想をかなえるための”方法”や”戦略”は前よりも考えられるようになってきています。

まだまだだけど。

前よりも理想を大切にしたいと思えています。

思ってたのとは違うんだけど、面白いもんですね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly